本文へ移動

☆ゆるり ブログ☆

RSS(別ウィンドウで開きます) 

小さな春☆

2018-02-13
 「最も寒い五輪になる」
 と言われていた平昌オリンピックが開幕
 氷点下続きで選手たちにも影響を及ぼしている中
 メダル獲得してましたね
 まだまだ楽しみです。
 
 
 今年はちょっと遅めですが、
 梅の花が咲いていました
 
 

立春☆

2018-02-02
 厳しい寒さが続きますね!春が待ち遠しいこの頃です。
 
 「立春大吉」・・・
 厄除けのお札として立春の早朝に禅寺の門前に貼る習慣からきているもの。
 お札には縦に書かれており、文字が左右対称に見えるため、表からも裏からも「立春大吉」と読めます。
 とても縁起が良く、1年間災難にあわないとされています。
 
 今年の立春は、2月4日(日) 旧暦の頃は、立春が1年の始まりとされていました。
 暦の上では、1年の始まりは正月で、生活の始まりは立春、と別のものと捉えられていたそうです。
 
 そのような事から立春の前日の節分に1年間の厄払いとして豆まきを行い、新しい1年を迎える立春に
 その1年が良い年であるように願いを込めて、立春大吉のお札を掲げます。
 
 ただ、立春大吉のお札は禅寺の習慣ですので曹洞宗のお寺で作られていますが、
 一般には授与しないところがほとんどです。
 自分で書くこともできるお札なので、興味のある方は自作してみてはいかかですか
 
 ちなみに今年の恵方は「南南東」
 
 

本年も☆

2018-01-08
 2018年がスタートしました
 
 皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 
 本年もよろしくお願いします
 
 
 

ありがとうございました☆

2017-12-27
 2017年も残すところあとわずかとなりました。
 本年もご愛顧に賜り誠にありがとうございました。
 来年も変わらぬお引き立てのほど、
 よろしくお願い申し上げます。
 師走の時節柄、ご多忙のことと存じますが
 どうぞご自愛くださいませ。
 来るべき新しい年が皆様にとって
 幸多き年となりますように
 
 

一陽来復 ☆

2017-12-22
『一陽来復』・・・元々の意味は
「冬が続いた後、春の訪れのきざしが現れる」
「悪いことが長く続いた後で、ようやくいい方向へ
 向かうこと」
 
今日は一年でもっとも日照時間が短い日 『冬至』。
冬至のことを 『一陽来復』 とも言う。
冬至は太陽が最も遠くなり、力が弱まる日ですが、
冬至以降は再び太陽の力が強くなり、この日を境に
「運」 が上向くとされていました。
 
また、冬至には 「ん」 のつくものを食べる(運盛り)と
「運」 が呼び込めると言われているそうです。
なんきん、れんこん、とうがん、うどん、みかんなど・・・
 
ゆずの香りで邪気を払い、悪運を流し体を清めて、
「ん」 のつくものを食べて、一陽来復の運を呼び込み
ましょう!!!
 
 
有限会社髙山建設(高山建設)
〒889-1111
宮崎県日向市美々津町3621番地1
TEL.0982-58-0268
FAX.0982-58-0293


 
1
2
8
7
7
2
TOPへ戻る