本文へ移動

お役立ちブログ

お役立ちブログ~2020年度~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

財光寺新築情報です(^_^) ♯6

2018-05-11
皆様こんにちは(#^.^#)
 
財光寺新築情報です。
~本日の現場状況~
軸組完了後、屋根伏せ、雨仕舞
明日には上棟式を執り行います。
 
近くからの見学ご希望の方、中から見てみたい方は
ぜひご連絡ください(^_^)
 
〒889-1111
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

財光寺新築情報です(#^.^#) #5

2018-05-10
皆様こんにちは(^_^)
 
財光寺新築情報です。
本日現場ではクレーン車が入って1階、2階、屋根等の軸組を行っております。
もし、興味のあるお客様がいらっしゃいましたら、ぜひお立ち寄りください。
さすがに現場内は危険が危ないので(笑)部外者立ち入り禁止ですが、
現場周辺からなら見学いただけますよ(*^。^*)
明日は屋根伏せ、雨仕舞(日、月が雨予報のため雨対策)を行って、
5/12(土曜日)に弊社、お客様ご家族、ご親戚のみで上棟式を行います。
※餅まきはありません<(_ _)>
来週からは外壁工事の工程に入っていきますので、外からは見づらくなってきます。
興味のある方は今週~来週初めが見頃ですよ(●^o^●)
近くからの見学ご希望の方はぜひご連絡ください(^_^)
 
〒889-1111
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

GWも終わってしまいましたね…(・_・;)

2018-05-08
皆様こんにちは(^_^)
 
とうとうGWも終わってしまいましたね…(・_・;)
 
さて今週から弊社は財光寺新築を行う予定でしたが…
昨日今日とあいにくの
現場は一時中止となっております(*^。^*)
雨は福が降りこむ』『幸せが振り込むと言って
昔から縁起が良とされています。
また、上棟式の日に雨が降ると『永遠の火消し』という意味があって
火事にならないとも言われています。
しかし…
現場サイドとお客様からすればせめて屋根伏せ
何なら外壁が終わるまでは雨は勘弁していただきたい…
ってのが本音です(笑)

 
先日奄美地方の梅雨入りが発表されました。
九州南部も例年だと5月下旬~6月上旬の予報となっております。
福が振り込む』のはありがたいですが、
しっかり雨対策を行って現場を進行させていきます。
 
明日からは現場再開予定になっております。
順次現場情報をアップしていきますのでお楽しみに(*^。^*)
 
〒889-1111
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

今日から5月スタートです(#^.^#)

2018-05-01
皆様こんにちは(*^。^*)
 
今日から5月になりましたね(^v^)
弊社は4月末が決算なので、今日から今期のスタートです。
 
もう今年も5ヶ月目…早い…ホント早いです…
しかしそうも嘆く暇もなく…
来週から財光寺新築の本体工事が始まり、
本格的に木工事スタートです。
来週末には上棟式も執り行う予定です。
大工さんには休暇中にしっかり英気を養っていただいて、
お客様の大切な家を、誠心誠意精一杯建てさせていただきます。
 
弊社は誠に勝手ながら
平成30年5月3日(木)~5月6日(日)まで
GW休暇とさせていただきます。
 
私は…家にいても邪魔者扱いされそうなので、
釣りにでも行ってきます(笑)
しかし、お客様からの電話、LINE等々お待ちしております(^_^)
いつでも気軽にご連絡ください(^o^)
 
〒889-1111
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

耐震等級って何のお話です(#^.^#) ♯②

2018-04-27
皆様こんにちは(^_^)
 
今日は前回の続きをお伝えします。
 
耐震等級『2~3』、『相当』の理由
弊社は『雨楽な家』ブランドに加盟しております。
この『雨楽な家』は普通に設計しても審査の申請をすれば
2~3程度の耐震等級の認定されます。
が…
耐震基準を認定してくれるの専門機関に審査依頼していないため、
あくまで自称なので『相当』となっているのです。
 
なにか言い訳がましく聞こえてしまいますが、
なぜ専門機関への依頼をしないのか?といいますと、
この耐震基準の1~3の数値を出してもらう専門機関への依頼費用ものすごくかかります
この専門機関の依頼は客様の金銭面でのご負担となります。
建物の性能は変わらないのに認定してもらうだけで費用が数十万円にもなります。
 
だったらその費用を少しでも本体工事、設備など目に見える形で、
生活する上で便利になるような提案でお客様に還元できないだろうか、
と『考えていた』わけです。
 
しかし、一昨年の熊本地震で話題になったように、耐震等級によって
全壊、半壊、補修程度と等級によって明確に分かれてしまいました
弊社としても耐震基準を明確にすることで、
万が一の地震に備えて、
お客様に安心安全な生活を送っていただきたいと考えております。
しかし、お客様に金銭面でご負担していただかないといけないのも事実です。
弊社としても非常に悩ましいところではあるのです…
もちろんご依頼、ご希望があれば、プランニング、設計段階から考慮して、
専門機関へ審査、検査も依頼して、耐震等級3にします。
 
細かい話をすると、
例えば建築確認申請後で気が変わって『耐震等級3にして』となったとしましょう…
これはけっこう大変です
お客様のご希望を叶えるために、材料、部材、仕様、間取り等々の変更になり、
最初のプランニングの段階からもう一度やり直しになってしまいます(p_-)
もし建設途中ならもう残念ながら手遅れです(+o+)
 
そのためにも、プランニングの段階から耐震等級3が良い、耐震等級2が良い、
何なら耐震等級の証明書は必要ないが、しっかりとした家を造ってほしいと
弊社に伝えてください。
弊社としてももちろん提案はします。
が、やはり決定はお客様自身でしていただくこととなります。
 
お客様自らが発信することで、私たち工務店もしっかりとした提案ができるのです。
だから、お客様に賢く選択していただきたいのです。
 
またまた長くなりそうなので、
次回は『耐震等級3』の認定を受けるメリット・デメリットについてお伝えします。
有限会社髙山建設(高山建設)
〒889-1111
宮崎県日向市美々津町3621番地1
TEL.0982-58-0268
FAX.0982-58-0293


 
1
3
6
0
6
1
TOPへ戻る