本文へ移動

お役立ちブログ

お役立ちブログ~2018年度~

RSS(別ウィンドウで開きます) 

10月 秋・真っ盛りですね(*^。^*)

2018-10-03
皆様こんにちは(^_^)
 
いつの間にか10月になってますね(*^。^*)
最近の朝晩の冷え込みに若干悩まされている私です(笑)
 
先月末に台風24号が県内を縦断し猛威を振るいました…
日曜日から月曜日にかけて『屋根が飛んだ』『倉庫が大破した』『雨漏れがする』等々
多くのお客様からお電話を頂いております…
弊社でも作業場のシャッターが大破していたり、看板が飛散&大破していたりと
なかなかな被害状況でしたが、やっと昨日すべての片付けが終わったと思ったら…
今度は25号が熊本県側ですがまた週末にかけて近づいてきております(-_-;)
 
ブログを見ていただいている皆様のご自宅はいかがですか?
もし『住宅』のことで何かありましたら、
できる限り早く対応させていただきますのでまずご一報ください。
住宅以外のことでも私ができることは全力でさせていただきます(^v^)
 
 
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)
 
 
 

Urac&(ウラクアンド)新築情報です #4

2018-09-28
皆様こんにちは(#^.^#)
 
秋もだいぶ深まったように感じてきましたね(*^。^*)
秋はおいしいものも増えて私にはガッツリ『食欲の秋』となっております(*^^)v
台風も週末にかけ最接近(@_@;)
しかも滞在時間の長い宮崎県縦断…
現場の真っただ中での台風は本当に勘弁していただきたいものです(-_-;)
しっかり台風養生を行って、備えておきます。
何事もなく通過してくれると良いのですが…(・_・;)
 
 
九州初上陸となるurac&モデル新築住宅
先日、上棟式も厳かに行われご家族様やご親戚様と一緒になって
特製の唐揚げやいなりずしなどおいしいご飯においしいお酒を
申し訳ないぐらいたっぷり飲ませていただきました(*^。^*)
 
今週から外壁と断熱材、内壁などの施工を二手に分かれて行っております。
細かい作業や仕上げの工程にも入っていきますので、
お客様や大工さん、電気屋さん、設備屋さん、建具屋さんなど
多くの皆さんで打ち合わせを密にしながら作業を行っていきます。
まだまだ先が長いですが、お客様のために一所懸命家づくりを行っていきます。
 
外からではほとんど中の作業は見えません。
ご希望の方には現場のご案内しますので、
ぜひご連絡ください。
 
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

『せんぐまき』ってそういえば…

2018-09-20
皆様こんにちは(^o^)
 
今日は『せんぐまき』についてです。
先日のブログで『せんぐまきはありません<(_ _)>』
って出てんですけど、
皆様…
『せんぐまき』ってご存知ですか?
私、昔から建築業を生業としている家におりますもので、
『せんぐまき』って言葉にも、行事にも慣れ親しんでおりましたので、
何も不思議に思うことなく今まで生きてきたのですが、
実は『せんぐまき』って言葉は宮崎の方言で他の都道府県では通じないらしい…
最近は若い方も知らないらしい…との情報を聞きましたので、
軽ぅ~いカルチャーショックを受けております(笑)
 
そこでこの『せんぐまき』について少しお伝えします。
 
『日向の言葉 第1巻』176-177頁「セングマキ」に
「神宮の御造営が出来上がり、御霊を移し奉ることを「遷宮(せんぐう)」と言うが、
その御式に「餅撒き」を行うことがあるので、その「遷宮(せんぐう)」が
上棟式の「餅まき」のことに転じ、更に「餅その物」に転じ「遷宮撒き」
という事になったのではないか。」と説明がありました。
『日向の言葉 第2巻』246-249頁では
「〈神供(じんぐ)まき〉か〈餞供(せんぐ)まき〉か(散供(さんぐ)まき)が
現在のせんぐまきの由来となっているのではないか。」と訂正されているようです。
 
『宮崎県大百科事典』にはp524「棟上げ祭り(祝い)の餅まき。
祭りの様式は地域によって多少異なるが、五色(青赤黄紫白)の吹き流しの下に、
扇を3本、麻や昆布とともに米、神酒、水、塩などを供えて
屋船の神(守護神)をまつる。
中心柱に棟札(施主名・大工名を書いた木札)をとめつける。(後略)」と詳しい説明がある。
家を建てるということは元来、大きな厄災を伴うことでもあり、
お金や餅をまいて持ち帰ってもらうことで、厄災を分散する目的がある、とのこと。
「もちまき」「棟上げ」「しほうばらい」「よもばらい」など、
地方によっていろいろな呼び方をされているイベントのようです。
 
 
調べてみるとなかなか奥が深い行事でした(-_-;)
子どもの頃は吹き流しがあがったら『餅まきの合図』ぐらいにしか
思っておらず、ウキウキ、ニヤニヤしながら現場へ向かったものですが…
最近では上棟式は行うが、『せんぐまき』自体は行わないご家庭が多くなってきております。
ご家庭のご事情、近所間、周辺住宅への問題、時間帯、日どりなどいろいろ条件があると思います。
 
古き良き風習と考えるか、迷信と考えるかはお客様自身ですので、弊社としては
どちらでもお客様のご希望に沿って対応させていただきます<(_ _)> 
 
 
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

Urac&(ウラクアンド)新築情報です #3

2018-09-17
皆様こんにちは(^_^)
 
世の中は3連休ですね(#^.^#)
もしかしたらどこか旅行に行かれている方や
イベントに参加されている方、安室奈美恵のライブに行かれた方も
いらっしゃる方もおられるかもしれませんね(*^。^*)
私はアムラー全盛期に中高生でしたので、ガッツリ世代です(笑)
 
九州初上陸となるurac&モデル新築住宅
では先週より本格的に木工事を行っております。
先日は台風並みの大雨に見舞われ一時はどうなることかと
胆を冷やしましたが、現場は何事もなく無事に進んでおります(^_^)
 
今週末には上棟式も行われます。(せんぐまきはありません<(_ _)>)
そろそろ内部も外からでは見えにくくなってまいります。
ご希望の方には建てている途中の現場もご案内しますので、
ぜひご連絡ください。
 
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)

久方ぶりのお役立ちブログです(・_・;)

2018-09-12
皆様こんにちは(#^.^#)
 
今日は琉球畳(りゅうきゅうたたみ)についてお伝えします。
なぜ琉球畳なのかというと…
昔大変お世話になった(今でもお世話になっております(笑))
ある先輩から「和室を『琉球畳』に変えたいからちょっと家まで来て」と言われ
 
解りました(*^^)vと元気に二つ返事をしたのはよいものの…
 
さて…
琉球畳とはなんじゃろかい(-_-;)???
聞いたことはあるけど…
詳しくは知らない…
知ったかぶりはなおのことよくない(-_-;)
これは調査せねば\(゜ロ\)(/ロ゜)/
ってことで畳屋さんで調査してきました(^_^)
 
琉球畳とは
近年増えてきている畳縁のない半畳サイズの畳を市松模様に敷いたものを総称して琉球畳と言います。
和室に敷いた畳も置き畳も同様に琉球畳と呼ばれることもあります。
琉球と聞いて沖縄を思い浮かべる方も多いと思います。
確かに琉球畳の琉球は、沖縄地方の畳から由来しています。
沖縄地方で栽培されていた藺草(いぐさ)は、カヤツリグサ科の「七島イ」(しちとうい)という種類です。
一般的に使用される藺草と比べてみると、七島イ自体が太く表皮も強いものです。
この七島イを使用すれば、丈夫なので、畳縁を必要としない畳の製作が可能です。
大昔は畳縁がなく、ほとんどの畳が縁の無い畳で、角の部分が弱かった。
そこで角を補強する畳縁が登場した訳ですが、今ではこの畳縁があるのが一般的。
最近になって畳縁の無いタイプの畳がオシャレに進化し、畳コーナーの一部や和室にも使われるようになり、
「七島イ」を使用しなくても畳縁の無い畳を「琉球畳」と呼ぶようになりました。
畳表の製織技術の向上で、通常の藺草でも畳縁の無い畳をに使用できる畳表も増えました。
普通の藺草で製作した畳縁の無い畳を、七島イのもの区別して「琉球風畳」と呼ぶこともあります。
最近では琉球畳の素材自体を藺草ではなく、
和紙にすることで経年による変色(緑→黄色)をなくす工夫もしているみたいです(^o^)
 
私も勉強になりました<(_ _)>
 
和室に変化をもたらしたい、おしゃれにしたい方がいらっしゃいましたら
ぜひご相談ください(^_^)
『家・住宅』に関することなら何でもご相談ください(*^。^*)
小さなことや、聞いたら笑われるかも…とお思いの方!
どんどん聞いたください。
聞いてくだされば、私の勉強にもなりますし(笑)
必ずご返答します(*^。^*)
 
 
宮崎県日向市美々津用町3451-1(美々津小正門前)
有限会社 髙山建設
担当:髙山 将之
0982-58-0268
LINE ID:masayuki7169777(髙山 将之)
いぐさ断面
いぐさ断面
七島イ断面
七島イ断面
畳縁
畳縁
琉球畳
琉球畳
琉球畳
琉球畳
有限会社髙山建設(高山建設)
〒889-1111
宮崎県日向市美々津町3621番地1
TEL.0982-58-0268
FAX.0982-58-0293


 
1
2
9
1
7
5
TOPへ戻る